病気の兆候

Frank Albrecht, PhD


1. 医師に青年期適応障害(growing pains)であると言われたが、その痛みが何ヶ月も消えないとき。青年期適応障害ならば、一過性であるはずです。

2. 「どこにも悪いところは見つかりません。」と医師に言われつづけ、医師が"ストレス"を疑う質問ばかりしてくるとき。

3. 遊びたいと思っているのに、疲れて遊ぶことができないとき。

4. 階段を昇って2階に行くだけで疲れ果ててしまうとき。

5. 読んだり聞いたりしたばかりのことを覚えていないとき。
 (以前からそうだった場合を除く)

6.
 読書力が低下し、前より簡単な本しか読めなくなったとき。

7. 子供が、途中で疲れたり気分が悪くなったりして楽しい時間をむだにしたくないと言って、家族で出かけるのを嫌がるとき。

8. 子供は一生懸命やっているように見えるのに、学力が落ちて行くとき。

9. 立ち上がるとひどい眩暈で、すぐにしゃがんでしまうとき。




翻訳:Co-Cure-Japan, Jp-Care




原文:
For Parents of Sick and Worn-Out Children
by Frank Albrecht, PhD

The regional clinic at Talbot
17S. Washington Street
Easton, MD 21601
TEL: 410-822-5580
Email: franka@skipjack.bluecrab.org



Copyright © 2001-2002 Co-Cure-Japan
ご意見/ご感想はこちらまで。
Please report any problems with this page to the Webmaster.

Co-Cure-Japanホームへ