[Co-Cure Logo, representing Chronic Fatigue Syndrome & Fibromyalgia patients, doctors and researchers.]

家族・友人のための情報


Co-Cure-Japanから


 さらに、この病気と戦って行くには、病気に罹っている本人達だけでなく、家族や友人も重要な役割を担う必要があります。特に、子供がCFSに罹っている場合、両親は、子供に代わって学校や医師との間に立ち、様々な問題に対処して行かなければならなりません。また、家族や関係する多くの方々(例えば家族、職場、学校、地域内の方々)が病気を良く知ることで、病気の誤った理解により生じる問題を避けることができるでしょう。さらに、病気への理解を通して、より効果的に支援して行くことができるようになるでしょう。





子供たちのご両親へ
 限界を定める:子供に責任を持つことを教える
 CFIDSを持つ子供達の両親が直面する問題
 CFIDSに罹っている子供達に必要なものと子供達の権利

 なぜ小児CFSは見過ごされてしまうのか?
 子供の教育と学校生活
 病気を持つ子供との生活

 CFIDSに罹っている方の介護、介護者のストレスと満足感の評価 



 CFSの進展に伴って生じる患者の変化を理解する 
 第一段階第二段階第三段階第四段階




家族と友人のためのリンク

 環境過敏の子供を持つ親の会−PACES−
 専門医により「化学物質過敏症」と診断された子供たちの家族を対象
 としたメーリングリストが運営されています。



海外のサイト
 CFS Caregivers




Copyright © 2001-2008 Co-Cure-Japan
ご意見/ご感想はこちらまで。
Please report any problems with this page to the Webmaster.

Co-Cure-Japanホームへ