//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

2. [慢性疲労症候群による初の公式死亡]

   2006年6月15日、イギリス [New Scientist] Author: Rowan Hooper

  URL: http://www.newscientist.com/article.ns?id=dn9342&feedId=health_rss20

 

    Press & PR Officer / New Scientist

   T: +44 207 611 1210 / F: +44 207 611 1250

    Lacon House, 84 Theobald’s Road, London WC1X 8NS

 

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

慢性疲労症候群(CFS)が明らかに世界で初めて公式の死因と認定された。

 

火曜日、英国ブライトン・ホーヴ検視法廷の検視官Veronica Hamilton-Deeleyは32歳の女性の死因をCFSから生じた脱水症による急性無尿性腎不全(尿生成不全)と記録した。死亡した女性Sophia Mirzaは6年間CFSを患っていた。

CFSは筋痛性脳脊髄膜(ME)としても知られており、極度の疲労から集中力の欠如、持続性頭痛にわたる色々な悲惨な症状を呈する。罹患者は長期間にわたり疾病を患うことがあるが、その病因については意見が分かれ、一方では精神科医、他方では生物学的関心のある医師の激しく対立する所見が見られる。

検視官の裁定は、CFSは免疫系に根ざすと思われる身体的状態であると主張する者には飛躍的な進歩である。英国ラムフォードにあるオールドチャーチ病院の神経病理学者Dominic O’Donovanは、検視で証拠を提示し、ソフィアの脊髄は後根神経節炎に起因する炎症―疾病の明らかな身体的発現―を示したと述べた。

 

・過剰な免疫反応

ロンドン大学セントジョージカレッジのCFS専門医Jonathan Kerrは、脊髄損傷の炎症はCFSに伴い生じることが知られているので、CFS患者にその炎症が発見されたことに驚いていないと語る。免疫系がCFS患者に過剰活動する傾向があり、これが神経組織の炎症の根本原因かもしれないと言う。

Kerrによれば、「精神科側のロビーが強力なので、生物学側の見解はなかなか支持されない。医師はCFSの存在に懐疑的であり、その根本原因につき論争がある」

ソフィアの症例をO’Donovaと共同研究したエセックス神経科学センターの顧問精神科医Abhijit Chaudhuriは、彼女の脊髄の変化が慢性疲労の症状を引き起こした可能性があると述べている。

「ソフィアの症例はCFSの解明に役立つものである。これは彼女の後根神経節―脳感覚のゲートキーパー―に変化があったからであり、疲労は感覚による認識いかんにかかっていることは承知している」とChaudhuriは言う。「理解する必要があることは、明らかに全身性障害がないのに、なにが起きて疲労をいっそう持続的にするかということである」

 

・厳重な検視

検視は厳重で、睡眠無呼吸、麻薬使用などの検死結果に一致する他のすべての死因となりうるものを検討しこれを拒否したとChaudhuriは述べている。

裁定をソフィアの母Criona Wilsonは歓迎した。自分の娘が―精神的というよりは―身体的に病気だったとことを認めてもらうために戦ってきたからである。ソフィアは、2003年に精神保健法により措置入院させられている。

ソフィアの母はこう言っている。「私は死亡証明書でCFSが娘の死亡の主要原因の一つと特定されてほんとによかったと思います。これが疾病に対する生物医学研究の必要性を高めるために使用できるからです」

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Send posts to [log in to unmask]

Unsubscribe at http://www.co-cure.org/unsub.htm

Co-cure Archives: http://listserv.nodak.edu/archives/co-cure.html

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Co-Cureの目的は、ME/CFSおよび/またはFMSの医学と研究と政治の側面についてのあらゆる角度からの意見にわたる情報を提供することにある。我々は、Co-Cure掲示情報で表明されたいかなる特定の科学的もしくは政治的意見の正当性につきいかなる立場もとらない。読者に対して、いずれの解釈でも、入手できる色々な意見を研究してから最も信頼のおけるものと見なすよう強くお勧めする。Co-Cureのウェブwww.co-cure.orgは我々の社会の問題に最も重要な記事ばかりでなく、掲示情報の完全なアーカイブにもリンクされている。

 

邦訳:赤十字社語学奉仕団

***********************************************************************************************************************

 

著作権:

[慢性疲労症候群(CFS)公式死亡]New Scientistに帰属する。

 

 

このページに記載されている全ての情報は、正式許可なく、無断で、私的使用、引用、転載、複製、放送、公衆送信、翻訳、販売、貸与などの利用をすることはできない。違反者には著作権法罰則が適応される。Copyright © 2008 by Rika Kageyama.  

 

 

著作権について、文化庁ホームページ、及び、社団法人著作権情報センターを参照のこと。

 

  ・文化庁ホームページより「著作権保護の実効性の確保」著作権侵害等に係る罰則強化

 

     社団法人著作権情報センター  

 

The name "Co-Cure" stands for "Cooperate and
 Communicate for a Cure."
Co-Cureとは、完治に向けた協力と交流を表しています。

 [海外の情報へ戻る]