[Co-Cure Logo, representing Chronic Fatigue Syndrome & Fibromyalgia patients, doctors and researchers.]


Co-Cureについて
by Ray Colliton
, Modelater of Co-Cure


"Co-Cure"とは、"完治へ向けた協力と交流"を表しています。

”Co-Cure”は、現在我々が慢性疲労症候群、線維筋痛症と呼んでいる疾患とその関連疾患に関する情報交換を目的としたメーリングリストとして、それらに関心を持つ全てのグループ(患者、介護者、医師、研究者、支援者)を対象とし、1996年にスタートしました。

この情報交換は、有効な治療法の探索、そして最終的には完治へ向けた活動を支援することを目的としており、我々は、Co-Cure開始からこれまで、多くの情報を貴重なデータベースとして積み上げてきました。

http://listserv.nodak.edu/archives/co-cure.html

Co-Cureメーリングリストの運営開始とほぼ同時に、Co-Cureウェブサイトがスタートしました。このウェブサイトは、メーリングリストの普及を目的として始められたものでしたが、必然的にサイトの存在価値が高まって行った結果、現在では毎月約45,000人の方々に訪れていただけるまでになりました。

http://www.co-cure.org/

Co-Cureの活動は、この疾患や関連疾患に関心を持つ誰もが、尊敬され公平な待遇を受けられるような場所を提供することで、最終的には必要な科学的知見が得られ、科学は進歩して行くはずであるという信念の元に進められているものです。




About Co-Cure
by Ray Colliton

The name "Co-Cure" stands for "Co-operate and Communicate for a Cure."

The Co-Cure project started in 1996 as an e-mail list designed to facilitate the exchange of information about the illness(es) we currently call chronic fatigue syndrome and fibromyalgia among all interested parties - that is, patients, care-givers, physicians, researchers and patient advocates.

The goal of exchanging this information, of course, is to help promote the discovery of effective treatments and eventually cures. We have been able to build a fairly significant data base since Co-Cure started at

http://listserv.nodak.edu/archives/co-cure.html.

At about the same time the Co-Cure e-mail list started, so did the Co-CureWeb site. Although the Web site started as a means to promote the e-mail list, it has grown into an entity in its own right. Some 45,000 people visit the Web site at

http://www.co-cure.org/ each month.

The basic force that has motivated the Co-Cure project is a belief that by providing a place where all people interested in our illness(es) are treated with both respect and impartiality, the science necessary to help us will eventually be discovered and developed.

Copyright © 2001-2002 Co-Cure-Japan, All right reserved
ご意見/ご感想はこちらまで。
Please report any problems with this page to the Webmaster.

Co-Cure-Japanホームへ