チェイニー博士の助言

麻酔薬についての情報
慢性疲労症候群患の手術時の注意

Dr.ポール・チェイニー



注意!


私は、ハロタン(Halothane)を含め、肝細胞毒性のある麻酔ガスを「使わないこと」を薦める。慢性疲労症候群の患者は、中程度や準臨床的な肝炎を発生させることでよく知られている「再発性のヘルペス類のウイルス」を抱えていることで、有名である。肝細胞毒性のある麻酔ガスは、慢性疲労症候群の患者にいきなり肝炎を誘発させる危険性がある。

慢性疲労症候群の患者は、“電子ビーム・エックス線・分光検査方法”によって、細胞内においてマグネシウムとカリウムの低下が見られることも知られている。この理由より、慢性疲労症候群の患者には、Micro−K錠(10mEq)を投与することを薦める。Micro-K、BID1錠と硫酸マグネシウム50%の溶液を2cc、以上を、手術の“24時間前”に筋肉注射するよう薦める。細胞内のマグネシウムとカリウムの低下は、術中、非常にやっかいな「心臓の不整脈」へ、結果として陥らせる。

局所麻酔の場合は、エピネフリン(epinephrine)を使わないで、リドカイン(Lidocaine)を最小量使うことを薦める。

全身麻酔の「維持」には、亜酸化窒素(笑気)と、イソフルラン: Isoflurane (商品名:フォーレン)を併用の上、プロポフォール: propofol (商品名:ディプリバン、Diprivan)の使用を奨める。

避けなければならない麻酔薬は、ヒスタミン放出剤 (sodium pentothalを含む)。そして、ほとんどの麻酔時の補助筋弛緩剤として使われている、クラーレ属(Traceium と Mecacuriumなど)である。

-1992年、ポール・チェイニー(医師、医学博士)より


原文:
"I would recommend that potentially hepatotoxic aneshethesic gases not be used including Halothane. Patients with Chronic Fatigue Syndrome are known to have reactivated herpes group viruses which can produce mild and usually subclinical hepatitis. Hepatotoxic anesthetic gases may the provoke fulminate hepatitis. Finally, patients with this syndrome are know to have intracellular magnesium and potassium depletion by electron beam x-ray spectroscopy techniques. For this reason I would recommend the patient be given Micro-K using 10m Eq tablets, 1 tablet BID and magnesium sulfate 50% solution, 2cc, IM 24 hours prior to surgery. The intracellular magnesium and potassium depletion can result in untoward cardiac arrhyhmias during anesthesia. For local anesthesia, I would recommend using Lidocaine sparingly and without epinephrine."

"Suggestions on anesthesia include using Diprivan as the induction agent along with nitrous oxide and isoflurane (Furane) as the maintenance agent. The ones to avoid are histamine releasers the include sodium pentothal as well as a broad group of muscle relaxants in the Curare family, including Traceium and Mecacurium."

-Paul R Cheney, M.D., Ph.D., 1992 




翻訳:Co-Cure-Japan, R.Kageyama


Copyright © 2001-2002 Co-Cure-Japan
ご意見/ご感想はこちらまで。
Please report any problems with this page to the Webmaster.

Co-Cure-Japanホームへ