オリンピック金メダリスト、ジョナサン・エドワーズ
CFS患ŽÒ


ロジャー・バーンズ
CFSエレクトリック
/span>ニュース97号、September 29, 2000


http://www.cfs-news.org/



9月25日、月曜日に行われたシドニーオリンピックで三段跳びイギリス人のジョナサン・エドワーズは金メダルを勝ち取った。エドワーズは1994年に慢性疲労症候群と診断されていた。
エドワーズは過去十年間で傑出した運動選手として知られている。1992年に、イギリスのタイトルとワールドカップを両方制している。1994年、CFSと診断され、4ヶ月間の休息をとった。1995年、スウェーデンの Gothenburg国際選手権大会(World Athletics Championships)で、18,29メーターの距離を跳び、世界で初めて「18メートルの壁を越えた選手」となった。その次の年、Lillie で行われたヨーロッパ・カップにおいて自己最長のジャンプ、18.43メートルを記録して優勝した。1996年と1997年、エドワーズは再びヨーロッパ・カップで優勝している。今年、エドワーズは、シドニーオリンピックで、17.71メートルのジャンプで優勝した。エドワーズは34歳。大学で物理の学位を持ち、遺伝子の研究所に所属している。副司祭の息子であるエドワーズは、大変信心深いクリスチャンとして知られており、1991年に行われた東京‘Û選手権では、試合日が日曜という理由から出場を断ったことでも知られている。[この記事は、"The Daily Record" (スコットランド)と、"TimeInternational" から引用したものである。この話題をCFSニュースに提供してくれた、マーク・フルクス氏に感謝する。]

この情報は、CFS-エレクトロニック・ニュースに記載されたものであり、無断配布を禁止する。



訳者注:ジョナサン・エドワーズの場合、発症から非常に早い段階で診断がつき、治療を始めたケース。日本の場合、日本全国でもほんの一部の医師にしかこの病気存在を知られていない。また、この病気の存在を知っている医師ですら、こ‚Ì•a‹C(慢性疲労症候群)が与える印象から、「自律神経失調症v「鬱病」「ノイローゼ」の一種などと、誤解している場合が多い。海外に比べ、慢性疲労症候群の知識の普及が遅れている日本では未だに診断がつかないケースも現存している。




–|–óFCo-Cure-Japan, R.Kageyama


Copyright © 2001-2002 Co-Cure-Japan
‚²ˆÓŒ©/‚²Š´‘z‚Í‚±‚¿‚ç‚܂ŁB
Please report any problems with this page to the Webmaster.

Co-Cure-Japanƒz[ƒ€‚Ö