慢性疲労症候群と
その関連疾患に関する
情報提供

The name "Co-Cure" stands for "Cooperate and
Communicate for a Cure."

Co-Cureとは、完治に向けた協力と交流を表しています。



 

 

子供の慢性疲労症候群(CFS)について ]

 

症状は大人のCFSと概ね同じであるが少なくとも、

 周囲の理解・ 環境の面では大人より厳しい。

症状も、小児特有の特徴が出ている可能性はあり、 綿密な調査が必要である。

 

小児の場合は健康な状態を覚えておらず、医師に「どこがどう」と、具体的に伝える事が出来ないため大変深刻な状況におかれ、

自殺・いじめだけではなく、医師から理解を得られない状況が長く続くと、親殺し・子殺し・一家心中などにも繋がる

 

「小児発症」で医師に無視し続けられ治癒せず成人した場合も、 健康な状態を覚えておらず比較が出来ないため

医師にどう伝えたらよいか本当にわからず、病状悪化時や他疾患発症時に発見が遅れる。

 

経験者しか理解し得ない”尋常ではない”苦労が一生涯続くため、家庭崩壊に至る。    

                                           

一刻も早い医師側の理解を切望する。

 

 

「子供のCFS」の実態

 

 

 

 

  


 

 

Important Notice: This site exists for educational purposes only. Nothing contained on these Web pages should be considered to constitute medical advice in any way. Always consult your licensed medical care provider for advice about your health and medical needs.

注意:本サイトはME/CFSとその関連疾患に関する情報提供を目的と しており、個人に対する医学的アドバイスを提供することを目的としているものではありません。従って、本サイト上の情報をご利用になる場合には、必ず医師 または専門家にご相談ください。また、本サイト上の情報を利用した結果、何らかの不利益が生じても本サイトの管理人は一切の責任を負いません。

Copyright © 2002 Co-Cure-Japan, All right reserved.
ご意見/ご感想はこちらまで。
Please report any problems with this page to the Webmaster.

 Co-Cure-Japanホームへ