関連疾患について(膠原病類縁疾患=自己免疫疾患、他)

 

 

慢性疲労症候群は日本では「自己免疫疾患」として分類されている。

 

 

膠原病類縁疾患=自己免疫疾患の特徴

 

膠原病類縁疾患(自己免疫疾患)では”血液検査と症状”が食い違う事は珍しくない。

  →全身性炎症があるにもかかわらず、血液検査(炎症反応を含む)が正常

 (例えば再発性多発性軟骨炎」や「ベーチェット病」)

ベーチェット特有の症状があっても診断が付かない事が多くCFSと重複する症状も多い事から非常に常に紛らわしい。
炎症反応の有無が問われる事が多いが、最先端の現場では、炎症反応が全く出なくとも、患者の症状を指標に治療している。
-「特殊型」(神経・腸管・血管ベーチェット)は予後が悪い-

膠原病類縁疾患(自己免疫疾患)の中でも血管炎」に分類されている。

CFSと類似点の多いベーチェット病はアジア、中近東、地中海沿岸地域に多くみられる疾患で、

日本のベーチェット病の有病率は世界的にみて高い方であり、ヨーロッパおよび米国では極めて希な疾患である。

英国ではCFSの診断を「誤信」と問題視している患者が多いが、英国の運動は患者も医師もベーチェットの実態をよく把握せずに

慢性疲労症候群べーちぇっtっぇっと「誤診」として問題として活動しているようである。が、日本の患者数に比べれば圧倒的に少ないので、

 

 

・CFSはベーチェット病など「血管炎」が原因とされる病気に類似点が多い。

 

・冠攣縮性狭心症など「血管の内皮の傷(炎症などによる)が原因」と考えられる病気を併発する事が多い。

 

・「膠原病」および「膠原病類縁疾患(自己免疫疾患)」には「神経症状」を発症する病気が多数存在する。

 …前者には、”全身性・エリテマトーデス(SLE)”の 『CNS(中枢神経)ループス』

    後者には、”ベーチェット病”の 『神経ベーチェット』 など… 

       

       ・「SLEに伴う中枢神経障害 診断

 

 

・自己免疫疾患は激しい疲労感や「Brain Fog」と呼ばれる症状を伴う患者が多い。

 

・ 「膠原病」および「膠原病類縁疾患(自己免疫疾患)」では他臓器症状(肺・心臓・腎・腸・神経など)がよく見られる。

   http://www.usjapanmed.com/index.php?option=com_content&view=article&id=215:autoimmune-diseases&catid=33:americanotes&Itemid=31

 

・ 自己免疫疾患の中には「皮膚筋炎」など「癌」を併発する確率の高い疾患も存在する。

  http://park6.wakwak.com/~pentas/HomePage/KinenShiryo/SubContKinenShiryo.html

 

 

「繊維筋痛症」と「湾岸戦争症候群」はCFS研究開始当初から一緒に研究されて来た経緯がある。

 

・CFSと比較される事の多い「多発性硬化症」も、最近では自己免疫説が有力である。  

 

※「慢性疲労症候群=膠原病類縁疾患」という日本内科学会の教育が浸透していない今、現場ではたとえ膠原病リウマチ科の医師であっても、慢性疲労

症候群という病名が与える医師側の勝手な印象と思い込みにより、慢性疲労症候群の診断を持つ患者が、後に他の膠原病類縁疾患特有の症状を発症

しても新しい診断までに10年かかるというのが現状である。新しい診断まで「慢性疲労症候群発症から数えて合計”30年以上経過”」というケースも多々

あり、これでは治療・治癒は非常に難しくなる。「慢性疲労症候群」では医療関係者に実態が伝わらない。一刻も早く病名の変更が必要とされる疾患。

 

 

[次のページ]

 


 

血管炎の概念について(2012)http://www.med.osaka-u.ac.jp/pub/imed3/lab_2/page4/vasculitis.html 

 

 

 


Co-Cure Japan について 

Co-Cureについて

親サイト-アメリカCo-Cureへ

Important Notice: This site exists for educational purposes only. Nothing contained on these Web pages should be considered to constitute medical advice in any way. Always consult your licensed medical care provider for advice about your health and medical needs.

注意:本サイトはME/CFSとその関連疾患に関する情報提供を目的と しており、個人に対する医学的アドバイスを提供することを目的としているものではありません。従って、本サイト上の情報をご利用になる場合には、必ず医師 または専門家にご相談ください。また、本サイト上の情報を利用した結果、何らかの不利益が生じても本サイトの管理人は一切の責任を負いません。

 


Copyright © 2002 Co-Cure-Japan, All right reserved.
ご意見/ご感想はこちらまで。
Please report any problems with this page to the Webmaster.

 Co-Cure-Japanホームへ